• 猫っ毛でも長持ち。超音波パーマに注目!センターパートにするとボリューム不足が目立ってしまうので、猫っ毛の人は真ん中で分けず、分け目をぼかすのがマスト。顔まわりに外巻きのパーマ、それ以外は外巻き&内牧のパーマをミックスしてかけることで、後ろ姿もボリュームアップ。細毛の人はダメージを受けやすいので、パーマをかけながらトリートメントができる「超音波パーマ」がおすすめ。8:2でざっくりと分け、パウダーワックスを振りかけて自然な立ち上がりをキープ。前髪はサイドになじむようにカットし、額をしっかりカバー。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 産後のうねりがいろんな部分に出てきてしまったら。かき上げ前髪でうねるロングのバランス調整を出産後の髪質変化で、のびた中間部分と前髪が強くうねる状態に。前髪は毛束を前に引き出しながらレイヤーを入れて、かき上げ風前髪を作りやすいフォルムに。後ろの髪はうねりを抑えるために、毛先を厚めにカットして、重さでうねりとふくらみをボリュームダウン。ねじりながらドライして、うねりをゆるい動きに変えて。うねる長い前髪は、ストレートに伸ばすよりも、かき上げ風の流し前髪にしやすいように段を入れる方が簡単でおしゃれ度上昇!撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 分け目のクセを解決して自然なニュアンス前髪に分け目にクセがついている人は額が広く見えやすいので、思いきってカットするのがおすすめ。額を隠しながらも暗くならないように、分け目からサイドにかけて少しずつ長くなるようにカット。立体感を出す前にベースより少し明るめのハイライトを散らして。白髪の多い右サイド中心に、暗めの筋カラーでローライトを入れる。ほかの部分は明るいので、白髪が伸びてきても目立ちにくいというメリットが。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎千衣子
  • ハチがとにかく広がる!という人でも、ナチュラルにさらっとまとまるストレートヘアになれるもともと量が多かったのに加え、乾燥毛が進み、特にハチまわりが膨張・・・。ナチュラルな質感でさらっとまとまるストレートヘアを目指すべく、フォルム調整を。まずはトップにレイヤーを入れて、ハチの角を取る。一方毛先はちょうど肩でハネる長さにして、あえて角を残すこと。簡単に内巻きブローをするだけで、立体的な動きをつけられる技アリの仕込み。顔まわりに一段、短い毛束をつくり、抜け感をプラス。セミロングっぽさは残しつつ、広がる髪に軽やかな印象を与えてくれるプラス1テク。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • ローライト仕込み技で明るいメリハリカラーを楽しんで明るい色味が好きだけど、白髪染めだと重くなりそうでイヤという人に解決策。白髪部分だけにローライトという暗めカラーを入れて。まわりは9トーンの明るめカラーで華やぎを。またぺたっとつぶれて髪の面が目立つと白髪が目立ちやすいので、レイヤーを入れた立体ショートに。ローライトがメリハリを強調し、白髪カバーに加えてふんわり効果まで手に入る!白髪の多い右サイド中心に、暗めの筋カラーでローライトを入れる。ほかの部分は明るいので、白髪が伸びてきても目立ちにくいというメリットが。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 内巻きカールと暖色カラーで、日々のダメージによるパサつきを解消髪が硬く毛量の多い人は、ダメージが加わることでゴワゴワと広がりがち。毛先が広がるとまとまりが悪く、パサついた印象になってしまうので、ワンカールのパーマをかけ、すっきりとした内巻きスタイルに。まとまりをよくするために、毛先にレイヤーを入れて。さらに黄みの強いカラーはパサついて見えるので、暖色ブラウンでツヤを補強。前下がりのロングヘアは、内巻きカールがキレイにでるよう、顔まわりを中心にレイヤーを入れるのがポイント。スタイリングは油分の多いツヤ出しワックスを、毛先中心に揉み込むだけで完成。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎千衣子
  • 直毛で全体的なボリュームダウンが気になる人に。大ぶりカールで華やかロングヘア直毛の人は、伸ばせば伸ばすほどぺたんこになりがち。全体的なボリュームダウンが気になるなら、根元から大ぶりのカールをかけて。毛先10㎝に低めのレイヤーを入れ、極力厚みを削らないのがポイント。地毛に近いナチュラルブラウンと、ころんとしたカールで、毛先まで弾力を感じるスタイルが完成。パーマダメージが気になる人は、ホットカーラーを使っても。毛先まで厚みを残して、大きめのロッドで根元から平巻きに。レイヤーを高い位置から入れるとスカスカした印象になってしまうので注意して。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎千衣子
  • 手ぐしでブロー可能!うねりの強い髪質でもカットで解決。全体的にクセ毛で、特に前髪のうねりが強い髪質の人にオススメしたいのは、まずは前髪の深く取ってフロントの量を増やすこと。これで強いうねりを重さで抑えることができる。前が重いぶん、全体はレイヤーを入れてうねりを動きにシフト。首元にくびれを作り、うねりの広がる髪にメリハリを出して。前髪のブローは手ぐしで。毛がバラつかず、うねりクセ毛のまとまりとツヤ感がアップする。前髪のスタイリングがしやすいよう、あえてフロントとバックのパートを分けるカット。フロントさえブローすれば、うねりのない流し前髪に。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 生え際の切れ毛が目立つというお悩みのある前髪にはダメージによる切れ毛や産後の抜け毛は生えぎわに出やすく”お疲れ”な印象に。顔周りの短い毛を隠したいなら、前髪が正三角形になるようにカットして。奥から前髪をとり、生えぎわでちらついていた短い毛にふんわりかぶせることで、ぐっとイキイキした印象に。後ろスッキリ、フロントやや前下がりのフォルムは、ボリュームの収まりがいい。耳にかけても決まり、セルフスタイリングしやすいのも◎。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 硬・太い・多い!という髪だってカットと毛量調整でまとまりの良いスタイルが完成!硬く・太く、多い髪質に加え、クセがあるためボワッと広がりやすい典型的ボリューム悩み。髪がたまりやすい耳後ろと襟足を、すきバサミでしっかり毛量調整し、短くカット。表面はローレイヤーの長めボブに。短い内側に、表面の髪が上から重なることで、毛量を調節しながら美しいフォルムに導く。ローライトのカラーリングでさらに収まりよく。後ろスッキリ、フロントやや前下がりのフォルムは、ボリュームの収まりがいい。耳にかけても決まり、セルフスタイリングしやすいのも◎。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • 根元と毛先がくっきり分かれてしまった!自己流カラーを繰り返している人に起こりがちな、お悩みにはこちら!セルフカラーを繰り返し、根元は暗く、毛先は色が抜けて白髪とパサつきが目立つ状態。まずはブリーチ剤で、重い根元をトーンアップ。仕上がりは8トーンのナチュラルブラウンで、根元→毛先は筋状カラーでメリハリ&白髪なじませの工夫が。毛先をカットし、ツヤの出やすいフォルムでカラーとのバランスを調節。毛先の褪色した白髪をウィービングという部分的に色を入れるテクで明るく見せる効果があり、白髪が多い人にもおすすめ。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
  • クセっ毛のせいか髪がパサついて見えてしまう。そんなお悩みはトリートメントで解決。加齢とともに髪質が弱くなり、クセやゴワつきが出やすくなるアラフォーは多い。髪表面がでこぼこした状態で、光をキレイに反射しなくなり、パサついて見えてしまう原因にも。その場合、髪の質感を整え、クセやパサつきを抑えるトリートメントがマスト。カットは、光を反射するべく髪の”面”を意識して、表面にはあまりレイヤーを入れないこと。光の反射を考えて、あまりレイヤーは入れずに毛先まで重さを残したストレートミディアム。カラーはラベンダーアッシュのワントーン。パープルが入ることで、寒色系でもパサついて見えにくい。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎千衣子
  • 直毛でヘアが「ぺたんこ」になってしまう。そんな人はメリハリパーマで動きと厚みを手に入れて直毛で重心が下がり、サイドがふくらみやすいタイプの人は、横幅が出るぶんトップのボリューム不足が目立ちがち。前髪を頭頂部から深くとってゆるくカールをつければ、分け目も目立ちにくく量感もアップ。全体にレイヤーを入れ、顔まわりから襟足にかけて外はねのピンパーマをかけることで、サイドに広がるのを回避し、キレイな縦長シルエットに。チークラインで段を入れ、顔まわりにピンパーマをかけることでメリハリのあるスタイルに。さりげないハイライトで自然な立体感もオン。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/野崎千衣子
  • 友人のお誕生日に以前から行ってみたかったリストランテ濱崎に行ってきました。友人のお誕生日に以前から行ってみたかったリストランテ濱崎に行ってきました^^シェフも気軽に写真を撮って下さいました。こうして毎年一緒にお祝い出来ることが嬉しいな。前菜だけでも満足できるほどのお料理。お皿も素敵です。ロイヤルコペンハーゲン社フローラダニカの絵付けをしている石井逸郎先生の作品のお皿が使われています。お料理もさることながら一皿一皿、すてきな絵付けにうっとりです。家族でお祝いごとの時など色々な時に訪れたいお店です。
  • ローズヒップオイル買いました美容液が終わり、何か投入しようと思い、美容オイルを購入しました。以前から気になっていて、以前エクラでも特集してましたが、その時はまだ良いかなーと思ってましたが、その後姉からカネボウの美容オイルインプレスをもらい、ブースターとしてよかったのでときどきつけてました。で、今回はアンチエイジングに良さそうな@コスメでオイル、バーム部門で7位の トリロジーのローズヒップオイル購入しました。インプレスよりトロッとしてますので、朝は一滴、夜は順番をいろいろ試しながら使っています。いつものスキンケアに何か新しく投入すると気分があがり、秋に向けてのメイクやオシャレが楽しみになってきました。(^-^)
  • エクラのウェブサイトもリニューアルされて、気持ちも新たに日々の出来事や興味のあることなどを綴っていけたらと思っています。あらためましてどうぞよろしくお願いいたします♡さて、このところ秋の気配を少しずつ感じるようになりましたね。大好きな夏が終わってしまうのはとても寂しいのですが、そんな気分を吹き飛ばしてくれる素敵な出会いがありました^^1829年にベルギーで誕生した世界で最も古いラグジュアリーレザーブランド『デルヴォ―』お気に入りのドゥロワーやストラスブルゴでも見かけるようになって、とても気になっていたブランドでした。あのエルメスより歴史が古いことを知ったのは最近です。。いくつかの定番モデルがあり、どれも素敵なのですが、今の私の気分にぴったりの大きさ、色、形で見た瞬間に恋に落ちたのが、エナメル素材でボルドーカラーの『マダム』という名前のショルダーバッグどんなコーデに合わせようか?と秋が深まるのがとても楽しみな私です^^
  • 香川県といえば「讃岐うどん」!艶やかでコシのある本場の味を堪能しました。香川県では古くから良質の小麦、塩が取れ、醤油、そしてイリコと呼ばれる煮干しなどが特産品であり、うどん作りに適した環境でした。子供のころからうどんが大好き!週に何度も食べていました。年越しにいただくのも蕎麦ではなくうどん。2011年には観光キャンペーン「うどん県」をスタートさせ、ますます讃岐うどんが全国的に広く認知されるようになりました。皆さまもぜひ本場の讃岐うどんを食べに、香川県にいらっしゃいませんか。
  • 弱いストパMIXで扱いやすい髪が長持ち!うねり悩みさんこそ持っている、ストレートヘア願望。そんな女心を満たすアイデアが弱いストレートパーマ。根元から中間はまっすぐに、毛先はうねりをそのまま生かすことで、憧れだったワンレンベースのさらりとしたボブスタイルが長持ち。フォルム調整がしやすく、かつツヤ感をアップできるので、大人の女性らしい上品さを高めてくれる効果も。弱いパーマで、根元から中間はストレートタッチに。毛先は地毛のまま。毛先はうねりを生かし、スタイリングで動きを出したハネ感がおしゃれ。撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
すべての過去の記事はこちら